「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

咆哮のエース・細谷真大。チームを背負う者の力/J1 第14節 柏 vs 湘南【マッチコラム】

2024明治安田J1リーグ 第14節

柏 2−1 湘南

2024年5月15日 三協フロンテア柏スタジアム 19:03KO

得点者:73分 福田翔生(湘南)、77分 木下康介(柏)、90+1分 細谷真大(柏)

●スタメン

GK松本健太、DFジエゴ、古賀太陽、犬飼智也、関根大輝、MF白井永地、土屋巧、戸嶋祥郎、FWマテウス サヴィオ、小屋松知哉、細谷真大

 

アディショナルタイムに入った直後、熊澤和希がサイドチェンジのパスで大きく展開を変え、島村拓弥が右サイドで収める。湘南の畑大雅と山田直輝に対応されながらも、島村は二人の隙間を通してゴール前へパスを送った。

ゴール前は湘南の3バックとボランチ一枚が中央を締めている。その狭いスペースに入った細谷真大は腹部でトラップをして落とした直後、すぐさま右足を振り抜いた。シュートがネットに突き刺さり、ゴール裏へ飛び込んで喜びの感情を爆発させた細谷。やはり長らく続いた無得点の期間は相当苦しかったのだろう。

エースの1得点1アシストの活躍で、柏は5試合ぶりの勝利を収めた。

普段からメディアの前での言葉数が多い方ではないが、それでも彼がこれまで発してきた言動の数々には、常に責任感の強さが滲み出ていた。

(残り 1429文字/全文: 1937文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ