「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

川口尚紀「チームにとって波に乗っていける要因のあった試合だった」/J1 第14節 柏 vs 湘南【試合終了後コメント】

○川口尚紀

−湘南の畑選手にかなりチャンスを作られていたため、そこへのケアでの投入だったのでしょうか?

「そこへのケアと、攻撃のところで自分の良さを出してくれと言われて入りました」

 

−システムの噛み合わせ的に大外が空く形だったため、そこに振られると畑選手がスペースのある状態でプレーする。どういう部分で気を使いましたか?

「ハーフタイムにも話があったんですけど、なかなか高いラインをキープしているときに、サイドチェンジで畑選手に入ると間に合わないことが何度かあったので、そこはラインを捨ててでも、ちょっと下げ気味でもいいからそこのケアをするようにと言われて、そこを意識して、背後だけは取られないように自分の前に置くようにしました。そこで仕掛けられてクロス上げられてもみんな戻ってこられるけど、振り切られることが一番怖かったので、そこは意識しました」

(残り 502文字/全文: 878文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ