「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

松本健太「小さいミスが結果的に失点に繋がっていることが今シーズンの良くないところ」/J1 第33節 柏 vs 鳥栖【試合終了後コメント】

○松本健太

−立ち上がりの失点は、最近の試合では珍しかったですが、チームの試合の入りについて。

「サイドを突破されたというのもありますけど、最終的には自分がキャッチしていれば何も問題なかったシーンなので、チームの守備がどうだったかというよりは、自分のミスで簡単に失点してしまいました。相手にボールを持たれる時間が長かったですけど、前半に関してはあの失点以外は、相手に決定的なチャンスを作られたというわけではなかったですし、入りのところで自分がミスをして失点してしまったことは、リーグ戦を戦っている34分の1と捉えられることもできますけど、こうやって何かが決まる大事な位置付けの試合で立ち上がりのミスをして、それが失点に直結してしまったので、そこはチームとしてというよりは自分が反省して、次に活かさなければいけないところです」

(残り 1073文字/全文: 1433文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ