「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

山田雄士「良い流れのときに追加点を決められるか」/J1 第33節 柏 vs 鳥栖【試合終了後コメント】

○山田雄士

−勝っていた試合を追いつかれての引き分け。試合を振り返って。

「力不足と感じました」

 

−ここ数試合は入りがよかったなかで、今日は立ち上がりに失点をしました。チームの入り方について。

「いつもどおり思い切って前からいこうと話していたところで、始まって5分ぐらいで失点しましたけど、だからといってやることを変えたり、動揺したというのはそこまで感じなかったので、よりやらなきゃという気持ちになりました。出鼻は挫かれましたけど、やることは変えずという気持ちでした」

(残り 415文字/全文: 651文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ