「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

数的有利を得た後の試合運びに大きな課題を残す/J1 第31節 柏 vs 川崎【マッチコラム】

2023明治安田生命J1リーグ 第31節

柏 1−1 川崎

2023年10月29日 三協フロンテア柏スタジアム 15:03KO

得点者:40分 山田雄士(柏)、70分 橘田健人(川崎)

●スタメン

GK松本健太、DF土屋巧、犬飼智也、古賀太陽、ジエゴ、MF椎橋慧也、高嶺朋樹、山田雄士、FWマテウス サヴィオ、山田康太、細谷真大

 

川崎のボール回しの上手さによってボールを握られる時間は増えたものの、コンパクトな守備ブロックと犬飼智也、古賀太陽と中心とした最終ラインの守備もあって、良い守備から良い攻撃を体現した前半は。ネットを揺らしたがジエゴがわずかにオフサイドだったり、細谷真大のシュートがポストに当たったりと、川崎のゴールへ襲い掛かる場面を何度も作っていた。

その流れの中で得点が生まれる。40分、これも川崎の縦パスを奪ってから、サヴィオの対角線状のミドルレンジのパスから、抜け出した山田雄士が狙いどおりのコースに決めて1−0と柏が先制点を奪った。

(残り 1412文字/全文: 1829文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ