「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

升掛友護「日本代表やトップクラスの選手と対戦して、自分がどこまでできるのかを知りたい」/J1 第8節 川崎 vs 柏【試合前コメント】

○升掛友護

−リーグ戦でも出場機会が増え、C大阪戦ではアディショナルタイムを含めれば20分近くプレーしました。J1のレギュラークラスの選手と対峙することで、またいろいろなものが見えてきたと思いますが?

「ルヴァンカップとは雰囲気が全然違うと思いました。試合に出てみると圧力を感じますし、自分もまだ自分の特徴や思うようなプレーができていないと思います」

 

−今は連戦で、ここからさらに出場機会、出場時間が増える可能性があります。そこで自分の力を発揮するためには何が必要と感じていますか?

「コヤくん(小屋松)やサヴィオのような運動量が大事だと思いますし、自分が試合に出て守備やハードワークをしていくことは自分には必要だと思います。そこからカウンターで自分が出ていってゴールを決める、アシストをするという運動量の部分、もっと自分が仕掛けて相手を剥がすであったり、この間の試合はドリブルをしようとしてもうまくいかないところもあり、シュートチャンスも逃してしまったので、その中で自分はJリーグの方に出てまだまだ課題は多いと思います」

(残り 2751文字/全文: 3214文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ