「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

大南拓磨「粘り強さは僕らの強みでもあるし、自分の得意とするところ」/J1 第22節 柏 vs 浦和【試合前コメント】

○大南拓磨

−神戸戦の後半の守備について。中2日というコンディションの部分も影響したと思いますが、立て続けに3失点した守備に関してはどう受け止めていますか?

「もちろんそこも大きかったと思うんですけど、相手は後半は3バックになって、自分たちも3バックに変えたんですけど、うまくシャドーの選手を捕まえられずにフリーで持たれることが多く、そこから前向きに侵入されることが多かったです。そこのマークの受け渡しがスムーズにいかなかったのが、失点につながってしまったと思います」

 

−イニエスタ選手のクオリティーが高く、味方選手が飛び込めずに起点をかなり作られていました。

「普段だったらヒシャが潰せるシーンでも、ワンタッチでかわされたり、自分も対峙して足を出せないなという感覚があったので、良い経験になりましたけど、差を感じましたね」

(残り 2385文字/全文: 2749文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ