「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

大谷秀和「調子の良い相手に良い結果を残すことで、8月に向けて弾みをつけたい」/J1 第8節 名古屋 vs 柏【試合前コメント】

○大谷秀和

−3連勝中の試合を見ると、試合を重ねるごとに内容も良くなっていますが、コンディションの向上に加えて、判断スピードや予測の部分も上がっていたことが大きい?

「まずは再開から数試合が経って、選手それぞれのコンディションが、しっかりトレーニングを積んだ中で上がってきたというのがひとつだと思います。再開後は3連敗していたので、なかなか自信を持てなかったところで、湘南戦は結果が出たことで、選手たちが自信を持ってプレーをできるようになった、湘南戦のあの1勝がすごく大きかったと思います。ただ、戦術面では何かが大きく変わったことはないので、そのへんはあまりそこが変化したという思いはないです。やっている中で選手が、特に湘南戦でいえば久しぶりに出番をもらった選手や初めて出番を得た選手が結果を出そうとアグレッシブに戦った結果がチームに勢いをもたらして、良い結果につながったと思います。あとは試合をやっていることでゲーム体力であったり、試合勘というところは、やればやるだけみんな上がってきている印象は受けます」

(残り 3260文字/全文: 3712文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ