「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

大谷秀和「自分たちが主導権を握りながらも、隙を与えてしまったのはもったいなかった」/J2 第6節 東京V vs 柏【試合終了後コメント】

○大谷秀和

−試合の入りも良く、前半からチャンスを作ったが、あの二つの場面だけで2失点して敗れた試合だった。

「監督にも言われたけど、良い入りをしながら自分たちで隙を作ったのは、自分たちがボールを握って主導権を握りながらも、1点目の後にすぐにぽっかりと真ん中が切り替わった瞬間に空いて、時間帯もそうだし、奪われ方もそうだし、そこで自分たちが隙を与えてしまったのはもったいなかったし、自分たちが形というかゴール前に何度も押し込みながらもゴールを割れなかったのは力なので、監督にも言われたけどもったいない試合だったと思います」

(残り 1341文字/全文: 1600文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ