「柏フットボールジャーナル」鈴木潤

【コメント】J1 第21節 柏 vs 鳥栖 マッシモ フィッカデンティ監督の試合終了後の会見コメント -1132文字- (2017/08/09)

○マッシモ フィッカデンティ監督(鳥栖)

「0−0で終わったんですけど、どちらも最後まで勝つためにプレーしたということで良いゲームだったんじゃないでしょうか。お互いにチャンスも作りました。柏がすごく良い状態で、今日の時点で18チームの中でトップといったもいいぐらいチーム状態が良いところと当たらなければいけないというのがありました。ゴールにしなければいけないシーンが前半は2つほどあり、そこでゴールが入って入れば試合の流れはまた違った展開になったと思います。疲れていた選手、水野や三丸、90分で続けていない選手はどうしてもきつくなったというのは見え始め、そのまま0−0で終わってしまいました。状況に応じて、そのまま人を代えたり、システムを変えたりして対応してきたんですけど、毎回試合ごとにメンバーも変えながら、システムも変えながら各試合やっています。最後、11対9のところを生かせたかといったら、最後20秒ぐらいしかやっていなかったので、さすがにそこは生かせずにドローで終わりましたが、最後まで勝つためにチームがよくやったと思います」

(残り 678文字/全文: 1143文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ