Iwate Football Freaks

第36節・岐阜戦 中三川哲治監督試合後会見コメント全文

中三川哲治監督

前節の1-6での敗戦から我慢すること、ゴールを守るというところが改善できていて、失点してもその後連続で失点しなかったことは成果が出たのかなと思います。先制点も相手が一人少ない中で、選手と「取りに行くか、このままの状態を保つか」を話しましたが、ベンチから「点を取りに行け」という指示を出して、選手たちが勝つためにプレーしてくれたと思います。

(今日のゲームプランについて)

ボールは持たれるというのは想定内。トレーニングでもやってきました。そこから縦パスをインターセプトできればカウンターに行けるので、そこを何本か見せられたと思います。持たれているのではなく、持たせているというイメージで準備してきたので、そういった状態でプレーできていたと思います。ただ、今日(西)大伍が初めて左WBに入りましたが、ラインコントロールのところで残っちゃったりしていたので、まだまだ修正するところがあるなと思いますが、選手たちはプラン通りにやってくれたかなと思います。

(新保選手が出場停止の中、その西選手が左WBで出場しました。どういった部分を期待して起用したのでしょうか?)

(残り 486文字/全文: 969文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ