Iwate Football Freaks

第31節・琉球戦 中三川哲治監督会見コメント全文【いわてグルージャ盛岡】

負けなくてよかったというのが一つ。前半、前からのプレスがハマらず、琉球さんにプレスのはがし方を研究されていてよくなかったが、1失点で抑えられてよかったと思います。後半、人と立ち位置を変えて、立ち上がりはいい形で1点取れましたが、そのあとで追加点を決められなかったのはまだまだだと思います。セットプレーで点を取られたが、勝ちたい気持ちが(藤村)怜の同点ゴールにつながったのかなと思います。内容はよくなかったんですえkど、負けなくてよかったと思います。

 

(どんなゲームプランで臨んだのでしょうか?)

相手がハイライン、前から来るのはわかっていたので、攻撃の方はサイドチェンジを狙ってはいたんですけど、前の動き出しと出し手のタイミングが合わずに前からひっかけられてバックパスが多くなってしまいました。本当は背後へのプレーで相手を引かせたかったんですけど、それができず。前でボールをひっかけてゴールを奪おうという狙いが裏目に出て、相手の研究してきたことに対して、ピッチの中で対応できませんでした。そこが難しかったと思います。

(ハーフタイムではどんな修正を指示しましたか?)

選手の距離感が遠かったので、

(残り 1122文字/全文: 1617文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ