「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

攻撃の形は[3−2−5]。樋口雄太がよかった一方で荒木遼太郎の最適解は?/【レビュー】いばらきサッカーフェスティバル 鹿島アントラーズ対水戸ホーリーホック

上田綺世も土居聖真もベンチ外という大胆な布陣で臨むとは予想外だった。もしかしたら選手の組み合わせで最後までテストしたいところがあったのかもしれない。情報を得る、という意味では岩政大樹コーチが言うように「開幕前にいろんな情報を得られた面では有意義だった」試合になった。

このチームにおける最大のタレントは、前線のFW陣を除くとディエゴ・ピトゥカと荒木遼太郎になる。ピトゥカが樋口雄太という相棒を得たことで躍動しているのに対し、荒木にはどんなタスクを与えればいいのか。そこについては、まだはっきりとした答えを見出せていないのかもしれない。

 

 

(残り 3546文字/全文: 3824文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ