「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

MF14樋口雄太「楽しみにしていて欲しいと思っています」/【プレイヤーズファイル】

鳥栖で2シーズンレギュラーとして活躍した自信からだろうか。樋口雄太は、もう何年も深紅の練習着を着てきたかのようにすんなりチームに馴染んでしまった。

移籍加入してきた選手にとって“鹿島”という看板はまだまだ重いものなのだろう。少し気負い、場合によっては気後れして、自分を出せるようになるまでや、自分の居場所をつくり上げるまで時間がかかる選手も多かった。しかし、同年代の選手が多く活気に満ちた選手に囲まれれば、歴史や伝統の重さを感じるよりも、新進の気風が後押しするのかもしれない。

「みんな、戦術については理解していますし、やりたいサッカーもみんな理解していると思う。そこを自分たちが試合で出すだけかなと思っています。もう仕上がりはいいと思うので、試合が楽しみであります」

水戸戦に向けて、樋口雄太はいい意味で余裕を醸し出している。

 

©KASHIMA ANTLERS

 

(残り 1387文字/全文: 1775文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ