「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【レビュー】夢の終焉/AFCチャンピオンズリーグ2017 広州恒大戦(2017.05.30)

 相手のタックルにバランスを崩しながら、再び体勢を立て直したペドロ・ジュニオールのゴラッソが決まったときスタジアムは大きく揺れた。キックオフ直後から気持ちを感じさせるプレーの連続がゴールに結実したのだから、誰もが初めてのラウンド16突破を思い描いたことだろう。しかし、そこからの試合展開の変化に対応できない。結果、2-1で勝利したもののアウェイゴールの差で、5回目の挑戦も決勝トーナメント初戦で道を閉ざされることとなった。

 

(残り 1483文字/全文: 1694文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ