「GELマガ」鹿島アントラーズ番記者・田中滋WEBマガジン

【家族の風景】内田篤人「『まだそこまでしか走れない?』って思わない?」(2016.05.02)

 ほっそりとしたカモシカのような足はまったく日焼けしていなかった。うつむき加減で歩く顔の肌も白い。すでに関東では夏日も観測されているというのに、日差しとは無縁の生活を送ってきたことがうかがわれる。そのことを指摘すると「みんなにも『まずは日を浴びるところから始めろ』と言われました」と目じりに皺を寄せた。ただ、目立つのは白さだけではなかった。久々に見るその姿には驚きを禁じ得なかった。

(残り 1077文字/全文: 1268文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ