福島ユナマガ

【無料公開】FW 9 #澤上竜二 「前節起点になった後で(ゴール前に)入っていけない場面が多かったので、今節はボールが攻撃に入った瞬間にゴールに向かっていこうと思った」【J3第16節八戸戦後コメント】

前半ミスが多くて、カウンター攻撃だったりピンチが続いてしまったりする場面が多かった中で、我慢の時間が続きました。その中で点が取れたので、そこは良かったと思います。

――ゴールシーンを振り返って。

奪ってから早く攻めて良いクロスが上がってきて、最後はフリーだったので、うまく決められました。

――ボールを奪ってからカウンター攻撃気味のゴールを取ることを意識していましたか。

前節あそこで起点になった後で(ゴール前に)入っていけない場面が多かったので、今節はボールが攻撃に入った瞬間にゴールに向かっていこうと思ったので、そこでボールが来たので決められて良かったと思います。

――ボールを持たれてピンチも多かった中、チーム全員守備で体を張っていましたが。

グラウンドもいつもと違う中で、ミスが出たところで切り替えや、ゴール前の体を張る部分はすごく後ろが頑張ってくれたので、そこはすごく助かったと思います。

――福島らしいパス回しはなかなか出せなかった中、勝利できたことについては。

今までプレスに来られたり、自分たちのサッカーをできなかったりする試合を落としてしまうことが多かったので、そこで追加点も取れて勝ち切れたのは自分たちの自信にもなるので、凄く大事な試合になったと思います。

――今後の公式戦に向けて。

連戦なので、チーム全体で誰が出るか分からないですけど、全部勝てるようにやっていけたらと思います。

(この後FW塩浜遼選手のコメントをお送りいたします)

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ