福島ユナマガ

FW 7 #塩浜遼 「前半うまくいっていなかったが、そこで悲観している選手は1人もいなかったし、自信はみんな持っていた」【J3第14節今治戦後コメント】

(写真・コメント提供©Fukushima United FC)

難しい展開でしたけど、その中で逆転できたのは本当に自信になりますし、それもみんながハードワークしたおかげなので、良いゲームだったと思います。

――先制されてから前半途中まで攻め込めない状況でしたが、前半終盤くらいからボールを前に運べるようになって、どのような変化を加えましたか。

相手がブロックで中を閉めた守備をしてきたので、中に固執するのではなくて、サイドを有効に使うことで、サイド使った後また中が空いてきたので、判断のところで外を使うことをプラスしたのが、うまくいくようになった要因かと思います。

――後半開始からギアが上がったように思います。

前半先制されて0-1で負けていましたけど、自分たちのサッカーをすれば逆転できるとハーフタイムにみんなと話していたので、前半以上にパワーを持って自分たちのサッカーをやればという気持ちで入ったので、それが後半最初からうまくいったかなと思います。

――同点の場面は辛くもしっかり当たった、という感じでしたが。

セットプレーで点が入ったらどの試合でも大きいので、その中でGK前でしたけど、自分のところにボールが来るなと思った時点で、相手のGKより先に落下地点に入れて、GKと競る形になりましたが、自分が触って押し込めた要因だと思います。

――退場者を出した中で、勝点1を守るのではなく、勝点3を取りに行く姿勢を出せた理由は。

守備のところでは1人少ない分押し込まれる展開になるのは分かっていたのですが、攻撃に関しては10人だろうがいつもやっていることをやればボールを動かせる、とやっていても思いましたし、振り返ってみてもうまくボールを動かしながらチャンスもつくれたと思います。10人になったからと言って、守って引き分けに持ち込もうというよりは、勝点3奪おうと挑んだ中で、実際に勝点3取れたのはすごいことだと思います。

――決勝点の崩しも見事でしたが。

チームとして普段から練習している崩しができた中で、本当は自分のところで決め切りたかったですけど、攻撃の厚みがあったからこそ自分のこぼれ球をウヘ君(上畑佑平士)が押し込んでくれたと思うので、チームとしてうまくいったおかげで逆転まで行ったと思います。自分としては相手しか見えていなくて、うまくトラップでかわそうと思ったんですけど、そこでトラップミスがたまたま良い方向に転がってくれて、本当にウヘ君があそこに入ってくれたおかげなので、感謝しています。

――勝点1を取るのも大変な中、取った勝点3で4連勝できたことをどう思いますか。

4連勝は自信にもなりますし、今日退場者が出てチームとしてもすごく難しい試合だったと思います。一つの山場と言うか分岐点をみんなでハードワークして、何とか勝点3拾ったというのは、これからのシーズンにとってもすごく大きな勝点3だと思いますし、そういった意味でも今日はすごく大きな勝利だったと思います。

――1ゴール1アシストは気持ち良いのでは。

(残り 358文字/全文: 1603文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ