福島ユナマガ

#寺田周平 監督「選手たちがハードワークしている姿にものすごく心を打たれたし、このチームで監督をやれていることを改めて幸せに感じた」【J3第14節今治戦後会見コメント】

(写真・コメント提供©Fukushima United FC)

まず遠い地に足を運んでくれたサポーターとまた喜びを分かち合えて、それを目標にして頑張っているので、またサポーターの笑顔を見られて、一緒に喜べて良かったなと思っています。

ゲームの方ですけど、前半結構ボールを動かせず苦しい入りで、その中で耐えきれず失点したという意味では入りの悪い苦しい前半でした。後半のところで少しボールが動くようになって、主導権を握る時間もできて、チャンスをつくる数も増えてきたのですが、まあ、退場ですね、ゲームの分かれ目は。ああいうところでいらないプレーで10人になったのはすごく苦しい展開になりました。

ただ、10人になったことをあまりネガティブに考えず、守備が苦しくなることは選手に伝えて、攻撃のところでは形を崩さず、自分たちのやっている攻撃を貫こうというところで、それを選手たちが自信を持ってしっかりやってくれたので、それが逆転のゴールにつながったかなと思っています。

こういう苦しいゲームをものにしたというところで、選手たちはたくましくなったと感じましたし、これがまた自信になって次につながると思います。あとはこういう苦しいながらも勝つというところで、見ている人が感動するゲームをやりたいというところでは、僕自身監督という立場ですけど、選手たちがハードワークしている姿にものすごく心を打たれましたし、このチームで監督をやれていることを改めて幸せに感じましたし、またこの選手たちと頑張って次につなげていきたいな、と思いました。

――後半退場者が出てから数的不利になって、勝点1を守りに行くのでなく、勝点3を目指した姿勢が見えました。数的不利の中でどのようにいつも通りの攻撃をフィニッシュまで持って行こうと思いましたか。

(残り 459文字/全文: 1206文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ