福島ユナマガ

雑念を捨て、やるべきことに集中できるか?【J3第14節今治戦プレビュー】

福島ユナイテッドFCは5月18日、アシックス里山スタジアムにて明治安田J3リーグ第14節FC今治戦に臨む。

福島は公式戦4連勝中。練習もリラックスする時間帯は笑顔や活気のある声があふれ、戦術練習などに入るとピリッと集中した空気になり、非常に良いムードだ。

福島がリーグ戦3連勝であるのに対し、相手の今治は6位と上位だがリーグ戦3連敗中。開幕から4バックでリーグ戦を進めてきたが、前節カターレ富山戦は服部年宏監督が福島時代も慣れ親しんだ3-4-3フォーメーションに変更するなど、ここへ来て試行錯誤している状況だ。服部監督としても連敗を止めたいということと、昨季率いたチームに負けられないという思いが重なり、この試合は是が非でも取りたいと思っていることだろう。

福島としては相手の勝利を渇望してる勢いを利用して、相手が前から来るところで確実にボールを奪い、得点につなげたい。そして、服部監督へのさまざまな思いや、4連勝すれば上位に上がれるかもしれないという状況が雑念を生みがちだが、あくまで目の前の試合に集中し、勝利のためにやるべきことを粛々とやることが必要だ。勝つために熱くなることは大事だが、冷静に勝負のポイントを見極め、そこで一気に仕掛けていきたい。

有料登録部分MENU
1.相手の勝ちたい心理を利用したい
2.雑念にとらわれずやるべきことをやる

(残り 1264文字/全文: 1833文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ