福島ユナマガ

FW 9 #澤上竜二 「相手どうこうと言うより自分たちのサッカーをしながら、どんどん上に勝ち上がっていけるように頑張っていきたい」【天皇杯福島県予選決勝FCプリメーロ福島戦後コメント】

まず勝つことが大事だったので、勝つことができて良かったと思います。

――試合の狙いは。

立ち上がりで相手を圧倒して勝負を終わらせようというところで、立ち上がりあまり流れが良くなかった中で点が取れたので、そこからは自分たちのペースで進められたと思います。

――先制ゴールを振り返って。

それまでミスが多くてシュートがあまり無かったので、受けた瞬間シュートを考えて打ちました。

――2得点1アシストでしたが、ご自身のプレーを振り返って。

前半2点取れたのは良かったですが、後半チャンスがあったので、もう少し点が取れたかなと思います。

――結果的に7-0になったことについては。

もう少し点は取れたと思うので、そこで手を緩めずに点を取りに行けたら良かったと思います。

――今後に向けて。

相手どうこうと言うより自分たちのサッカーをしながらどんどん上に上がって、上がって行けば上のカテゴリーのチームとできると思うので、どんどん上に勝ち上がっていけるように頑張っていきたいと思います。

――風下の中でどんな形で試合を進めていこうと思いましたか。

(残り 529文字/全文: 985文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ