福島ユナマガ

DF 4 #堂鼻起暉 「点は取りに行くけれどもリスク管理するところは、もう1段階レベルを上げないといけない」【J3第3節大宮戦後コメント】

結果2点取られて勝てなかったのが全てかなと思います。前半自分たちのサッカーができたかと言うとそうでも無いですが、しっかり耐えて後半というところでしたが、先制点も取れなかったですし、失点もカウンターやセットプレーなどもったいない失点だったと印象を受けています。

――流れの中からの失点はありませんでしたが、守備の狙いは。

ハイプレスに行くという狙いは最初持っていたのですが、剥がれなかった時にしっかり自分たちがブロックをつくるというわけではないですが、コンパクトにしてもう1回プレスし直すのは1試合通してできたと思います。ただ、一つ一つ球際のところ、戦うところが相手の方が少し上回っていたのかな、と思います。

――ゴールを振り返って。

セットプレーの練習ではキッカーと中の関係でうまくいっている部分も多くあったので、それが結果的にゴールにつながって良かったです。キッカーとのサインプレー、意思疎通はあったので、良いボールが来て中がしっかりうまく入れれば得点になると思うので、ニアでもファーでもどんな形でも点を取れるようにセットプレーはやっていきたいと思います。

――立て続けに失点してしまったことをどう思いますか。

(残り 313文字/全文: 814文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ