福島ユナマガ

#寺田周平 監督「後半0-2を2-2に持って来たところは選手たちの魂、根性を見せてもらった。そこはものすごく評価している」【J3第9節金沢戦後会見コメント】

平日の夜で気温も低い中でサポーターの方に来ていただいて、最後後半追い上げる時はサポーターの声からパワーをもらえましたし、感謝していると共に勝点3取れなかったのは申し訳なく思っています。

ゲームの方は前半金沢さんの組織だった攻撃、守備のところに苦戦したところがあったことと、自分たちのミスが散見されたのが気になりました。その中で耐えられずに2失点し、非常に苦しい展開だったのですが、後半0-2を2-2に持って来たところは選手たちの魂、根性を見せてもらいました。そこはものすごく評価しています。0-2で終わるのと2-2では大きな違いです。追いついた、勝点1取ったことをポジティブに捉えながらしっかり次のゲームにつなげていきたいです。

あとは後半勇気を持ってチャレンジして相手陣地にボールをどんどん入れ込んだことは、自分たちのやろうとしている良さが出ました。そういうチャレンジをもっと前半から僕の方から促せればもっと良かったです。改めて選手たちのクオリティに満足していますし、パフォーマンスに満足していますし、次につながるポジティブなゲームだったかなと思います。

――初先発の清水一雅選手がアグレッシブなプレーを見せてゴールも取れましたが、評価をお願いします。

(残り 642文字/全文: 1166文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ