福島ユナマガ

FW 19 #三木直土 がガイナーレ鳥取に完全移籍。今季J3リーグ9試合出場、新天地での飛躍目指す【ニュース】

ガイナーレ鳥取は12月26日、今季ジュビロ磐田から福島ユナイテッドFCに育成型期限付き移籍し、福島での期限付き移籍期間満了と磐田の契約満了が決定していたFW三木直土の完全移籍での加入を発表した。→リリース

三木は三重県出身の22歳。磐田で2年プレー後、昨季は当時J3の藤枝MYFC福島に育成型期限付き移籍し、今季は福島に育成型期限付き移籍し、J3リーグ9試合出場0ゴールに終わった。

スペースでボールを受ける動きや、前線からの守備などを鳥取の強化担当から評価されたのかもしれない。鳥取の林健太郎新監督はJ2モンテディオ山形の渡邉晋監督やJ2ジェフ千葉の小林慶行監督などと同じ桐蔭学園高出身ということで、ボールポゼッションを大事にするサッカーやポジショナルプレーなどを志向する可能性があり、そうしたサッカーにはフィットするかもしれない。新天地でのさらなる飛躍を期待したい。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ