福島ユナマガ

FW栗原イブラヒムジュニアが福島ユナイテッドFCへの期限付き移籍期間満了。移籍元清水エスパルスも契約満了。13試合出場1ゴール【ニュース】

福島ユナイテッドFCは11月23日、清水エスパルスより育成型期限付き移籍加入していたFW栗原イブラヒムジュニアが、期限付き移籍期間満了となることを発表した。また、移籍元の清水エスパルスも同日、契約満了を発表した。

栗原は埼玉県出身の21歳。三菱養和SCユース時代は年代別代表にも選出されるなど将来を嘱望された長身FWで、清水エスパルス加入後1年目はJ3アスルクラロ沼津、2年目はJFL鈴鹿ポイントゲッターズにそれぞれ育成型期限付き移籍して経験を積み、そして3年目の今季は7月19日に福島へ育成型期限付き移籍された。

移籍後は長身FWとしての活躍が期待されたが、13試合全て途中出場。8月30日に行われた明治安田生命J3リーグ第20節SC相模原戦でゴールを決め、リーグ戦初ゴールとなったが、その後はゴールが無く、シーズン終盤は練習試合での負傷もあって戦列から離れていた。

高卒3年目決意の期限付き移籍だったが、思うような成績を残せず、福島、そして移籍元の清水も離れることが決まった。

(残り 469文字/全文: 906文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ