福島ユナマガ

キャプテンMF諸岡裕人「1年間ブレずにやり続けられたことは、ハットさん(服部年宏監督)がブレなかったのが一番だと思うし、自分たちのサッカーには自信と誇りを持っていたので信じてやってこられた」【第34節愛媛戦後コメント】

本当に自分たちの実力だと思いますし、受け止めないことには次に進めません。今シーズンの悔しさを持ち続けられるかどうかだと思います。人間ってすぐ忘れてしまいます。もちろん次に向かうことは必要ですが、絶対に忘れちゃいけないシーズンだったと思います。できたこと、できなかったこといろいろあると思いますけど、1回オフでリフレッシュするのはもちろんですが、今シーズン上位に勝てなかったことを受け止めないといけませんし、一人一人もっと成長しないと、戦術で戦うレベルまでまだいけていないと思います。

試合前に小林さんのインタビューで個ではない部分で戦いたいとは言いましたが、最低限の個はサッカーで絶対必要なので、矛盾してしまうと思いますが、目の前の相手に負けないとか当たり前のところが薄すぎると今日の試合で改めて感じましたし、今シーズンを象徴するゲームになってしまったと思います。

――後半3-4-2-1にフォーメーションを変えて、今年長くやってきたシステムということもあって、バランスが良くなったように思えましたが(ユナマガ小林質問)

どうしてもシステムのはまりのところはあるので、後半の方がやりやすかったのは事実ですが、システム云々の前にじゃあどれくらい後半追い込まれてからの気持ちを、前半から持ってやれていたのか、メンタル的な部分でいつも取られてから頑張るのでは遅いので、物足りなさを感じますし、もっと自分で自分を奮い立たせられるようにならないと、(山本)海人さんからもよく言われますが、やられて気づくのでは遅いよ、ということをもっとチーム全員が感じないといけないと思います。

――この1年間大きくスタイルがブレることなく続けたことで、得たものもあったと思いますが(ユナマガ小林質問)

(残り 1127文字/全文: 1862文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ