福島ユナマガ

DF河西真「自分の特長である守備はもっと極められる。対人、カバーリングの速さはこのリーグで誰にも負けてはいけないというのを目標にやっていきたい」【第34節愛媛戦後コメント】

入りの部分があまり上手くいかなかったのですが、時間が経つにつれて修正できて、試合に慣れてきたのが自分の中であったので、試合の中で改善できたのは良かったと思います。

――相手はドリブルが得意な選手もいた中、守備でやりづらかったところはありますか(ユナマガ小林質問)

もちろん2失点目などは間を通されて1個後手になったところはありますが、守備の部分はそんなに困った部分は特にありませんでした。

――セットプレーからの失点は2つありましたが、流れの中からはそんなに困っていなかったということですね(ユナマガ小林質問)

流れの中ではそんなに困っていませんでした。

――試合の中でどんな部分が修正できたのが良かったのでしょうか(ユナマガ小林質問)

フォーメーションを変えてからの後半はバランスも取れていましたし、より攻撃的に行けたのが良かったです。精度はまだまだでしたが、トライできたのは良かったと思います。

――この1年を振り返っていかがでしたか(ユナマガ小林質問)

いつでも出られる準備はしていたので、いきなり出番が来ても自分のパフォーマンスを出すことを常に心がけてやっていました。そのおかげで人として成長できたのが今年の自分の集大成だったと思います。

――今年の経験をどう生かしたいですか(ユナマガ小林質問)

今年いろんなものが見えたので、自分がどうしたら良いのか次のシーズンも考えながらやることが大事だと思います。あとはどう取り組むかも当然大事になってきますし、いろんな方向から物事を見ることで成長できると思います。

――具体的に今後ここを良くしたい、という思いはありますか(ユナマガ小林質問)

(残り 250文字/全文: 941文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ