福島ユナマガ

服部年宏監督「ゴール前の精度とカウンターという課題は積み上げたからこそ出た課題。それに目を向けて取り組めばステップが上がってまた違う課題が出る」【第34節愛媛戦後コメント】

まずは1年間お疲れさまでした。本当に長いシーズンを終えていろんなことがあったと思います。最後ホーム最終戦で良い結果が出せず、なかなかホームのサポーターと一緒に喜べなかったことが悔やまれます。

試合自体は入り自体はそこまで悪くなかったのですけど、やはりセットプレーからの失点、プラスどうしても失点すると追いかける気持ちで前へ前へという気持ちが出過ぎて、守備のところでそこを突かれて2失点目を取られてなかなか苦しい展開になりました。

後半になって3枚変えて少し前へのパワーを上げるということを、とにかくできるできないじゃなくてやることを目指そうということでやって、前向きなプレーは非常に多く出て、もう少しでゴールというところも出ましたけど、そこで3点目も喰らって結果的に得点もできませんでした。

正直愛媛FCさんは強いなという印象でした。J2とやった感じというか、パスの質であったり、コントロールの質、ボール際インテンシティ含めてそうですが、しっかりしているなという印象でした。今までやったJ2(から降格したチーム)の中でも明らかに上位の力があるチームだと感じました。

それでもだからと言って負けて良いわけではないので、もう少しこちらとしても良い展開ができればと思ったのですが、結果的に0-3ということで完敗と言えば完敗だと思います。

――柴圭汰選手と清田奈央弥選手を前半で交代させましたが、先程おっしゃった攻撃に行きすぎて守備がおそろかになったというところを改善したかったのか、それとも攻撃を改善したかったのでしょうか(ユナマガ小林質問)

(残り 2198文字/全文: 2862文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ