福島ユナマガ

前節大敗も攻撃に手応え。内容と結果の両方を追求したい【第29節讃岐戦プレビュー】

福島ユナイテッドFCは10月16日(日)、とうほう・みんなのスタジアムにて明治安田生命J3リーグ第29節カマタマーレ讃岐戦に臨む。

数字上もJ2昇格の可能性が無くなり、残り6試合は純粋に1つ1つの試合で勝利を追い求めることになる。前節は大敗を喫しており、カウンターへの対処などは当然修正しなければならないが、攻撃に関しては監督も選手も一定の手応えを口にしている。イメージは以前より合ってきており、あとは精度というところだろう。

対戦相手の讃岐は13戦勝ち無しと苦しんでいるが、ここ2試合福島は相手の連敗を止めてしまっており、相手が勝っていないからと油断してかかってはいけない。エースストライカーFW松本孝平は9ゴールを挙げるなど脅威となっており、しっかり抑え込まなければならないし、3バックで来ることも4バックで来ることも両方想定しながら戦っていく必要がある。

ホーム連戦の初戦、良い内容で勝って、その次の鹿児島ユナイテッドFC戦に向けて弾みをつけたい。

有料公開部分MENU
1.大敗も攻撃に手応えあり。結果につなげられるか。
2.侮れない讃岐。攻守のキーマンに注意

(残り 1875文字/全文: 2353文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ