福島ユナマガ

服部年宏監督「後半入りのところでギアが上がって積極的に行くようになって、縦に行く気持ちが出て結果として2点取れた」【第26節北九州戦後コメント】

まずホームで勝利することができて、サポーターと選手が喜んでいるのを見ると嬉しく思います。

内容としては前半正直あまり良い形というか、自分たちのリズムが非常に少なかったかなと思います。ミスも多いし、何より運動量というかサポート、何となくプレーしている選手が多くて、まだまだ判断、相手を見てしっかりジャッジしてというところが少ない前半だったので、そこで我慢するところは我慢して失点ゼロでおさまったのは良かったと思います。チャンスもいくつかつくれたので。

後半入りのところで少しギアが上がって積極的に行くようになって、縦の速さ、縦に行く気持ちが出て結果として2点取れたんじゃないかなと思います。最後なかなか勝点3取るのは厳しいものだよ、と選手たちに話をしたのですが、相手も必死になったところでどれだけ受けずにもっと前に行けるかが今後のポイントになると思います。それでも最後まで集中して勝ちきってくれたことは評価したいと思います。

――前半、長野戦のように相手を引き込んだのではなく、こちらがうまくいかなかったのでしょうか(ユナマガ小林質問)

(残り 471文字/全文: 936文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ