福島ユナマガ

FW雪江悠人「何か足りないのは結果で目に見えている。改善していかないと『優勝する』というのも口だけになってしまうので、結果で示さないといけない」【第24節松本戦後コメント】

前半戦も一緒ですけど、松本は堅いですし、1点の差で勝敗が決まるのは覚悟して試合に入ったつもりだったのですが、また立ち上がりに失点してしまって、相手のペース、流れになってしまったのは自分たちの大きな反省点かと思います。

そういった中でも自分たちで試合中改善して、いくつかチャンスはつくれてそれを決めきればというところだったのですが、一歩及ばずというところで、自分たちに足りないものが多いなとまた実感したので、それを次につなげたいと思います。

――前半PKを取ったプレーについて(ユナマガ小林質問)

元々競り合いには自信があったので、あの高さであの角度で上がってきて、自分で絶対勝てると思って自信を持って入っていってこぼれたところでPKというところで、そこは自分の良さが出せたと思います。

――前回対戦よりも攻撃のバリエーションは出せていましたが(ユナマガ小林質問)

(松本)山雅さんも前半戦自分のところで剥がされているシーンが多くて、あまりDFが来なくなって改善してきたとは思いましたが、バリエーションを自分でいっぱい出して、(田中)康介とか(新井)光、前の選手とも連係することを意識して挑めたと思います。

――それが結果につながらなかったことをどう捉えていますか(ユナマガ小林質問)

本当に立ち上がりの失点だけだったな、というのが一番です。自分たちのサッカーもやれていましたし、前半戦(の松本との対戦)もそうですが、立ち上がりの失点が無ければ、それに尽きると思います。

――この結果を踏まえて、今後何をしなければいけないと思いますか(ユナマガ小林質問)

(残り 947文字/全文: 1619文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ