福島ユナマガ

MF大森博「高校時代は自分でゴールを狙っていくスタイルだったので、それを出せればBox to Boxの選手になれる」【第22節八戸戦後コメント】

――ボランチで初先発。どんなことを意識しましたか(ユナマガ小林質問)

まずは自分のところでテンポをしっかり出せるようにボールに関わることと、守備の部分で諸岡(裕人)選手や後ろの選手とコミュニケーションを取って、しっかりポジショニングを取って前の選手を動かす部分を意識してやりました。

――チーム全体良い流れの中、ミドルシュートをかなり打っていましたが(ユナマガ小林質問)

チームとしても積極的なシュートというのはミーティングから話していたので、自分のところで良い形でボールが入って、前を向いた時にゴールを狙っていけるように意識して、シュートまでは行っていたのですが、最後の精度はまだまだ自分の課題だなと思いました。

――後半相手にボールを持たれる時間帯や、ピンチもありましたが(ユナマガ小林質問)

そういう時間帯が多かったですが、集中切らさないでコミュニケーションを取れていました。呑まれるんじゃなくて、もっと自分たちがボールを保持して、相手を動かして疲れさせれば後半も自分たちのリズム、流れ、ボールを持った状態で攻撃でき、守備の時間も減るので、そういうことをもっと意識してやっていきたいです。

――初先発での勝利は一つ前進ですが(ユナマガ小林質問)

とりあえず勝ったというのはホッとしていますが、連係だったり自分の良さをもっと出して、連戦もしっかり勝てるようにまた良い準備をしていきたいです。

――その連戦ですが、中2日で相模原戦がありますが、どんなプレーを見せたいですか(ユナマガ小林質問)

(残り 572文字/全文: 1216文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ