福島ユナマガ

服部年宏監督「(上畑佑平士の右WBは)ぶっつけ本番でやってもらったが、ボールを引き出すところや攻撃のテンポを出してくれたので評価している。得点に絡むプレーも良かった」【第19節今治戦後コメント】

お疲れさまです。本当に暑い中でそれでも多くの方に来ていただいた中、勝てなくて申し訳なく思っています。ゲーム内容としては暑さのせいもあって、両チームとも暑さに負けたわけではないですが、考慮したプレーが多かったと思います。ダイナミックさや速さ、強度が足りなかった試合になってしまったと思います。引き分けは妥当、と言うと今治さんに怒られるかもしれませんが、ピンチもあればチャンスもあったということで妥当だと思います。やろうとしたことは少しずつ体現できているのですが、いつも言っていますが、精度であったり、ミスの仕方であったり、失い方、自分たちで何も無いところからピンチをつくってしまったり、本当に上を目指すのであれば改善しなければならないところはいくつもあると思います。ただ、気持ちが入った試合は少しはできたと思いますし、苦しい中でも選手たちは全力出してくれたので、選手に感謝したいと思います。

――上畑佑平士選手を右WBで起用して、アーリークロスから点が入りましたが、起用意図と点に絡んだことについてどう思いますか(ユナマガ小林質問)

ぶっつけ本番な形でやってもらったのですが、ボールを引き出すところだったり、攻撃のところでテンポを出してくれたので、そこは評価しています。得点に絡むプレーも良かったと思います。先週からケガで右WBがいない中で、誰を入れようか試行錯誤の中で、結局ウヘイ(上畑)になったのですが、彼は本当に良くやってくれたと思います。

――新加入の栗原イブラヒムジュニア選手や大森博選手を同時投入しましたが、彼らの評価は(ユナマガ小林質問)

(残り 638文字/全文: 1312文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ