秋田サッカーレポート

【J2】第19節 ロアッソ熊本とのホーム戦に向け、ブラウブリッツ秋田の半田航也選手コメント「チーム全員が勝ちに飢えている」

 

 

–鹿児島戦を振り返って。

勝ちに行こうと試合に入って、結果的に0-0で、チーム全員として悔しい気持ちがありました。点を取らないと勝てないなと思ったので、そこがすべてかなと思います。

 

–藤枝戦や鹿児島戦でもいいシュートがありました。その場所に入り込めているのがすばらしいと思います。

そうですね。一番意識している部分です。シュート練習ももちろん大事なんですけど、どこにいるか、点を取れるところにどう入っていくかは、去年本当に考えてやった部分です。それがいま出ているので、決めるだけだと思います。

 

–鹿児島戦のシュートシーンは相手に寄せられていました。そこは難しさがあったでしょうか。

それでも枠に入れたかったです。そこを決めるか決めないかに懸かってくると思います。

 

–ここ2試合は梶谷選手とのコンビで途中出場しています。連係で心掛けていることについて。

(残り 1889文字/全文: 2292文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ