秋田サッカーレポート

【J2】第14節 ブラウブリッツ秋田 vs ヴァンフォーレ甲府 小柳達司選手 試合後コメント「考えること、質、精度を練習からもっと上げないと成長できない」

 

 

秋田vs甲府 Jリーグ公式サイト試合情報

https://www.jleague.jp/match/j2/2024/050611/live

 

–90分を振り返って。

いい形で先制しましたけど、甲府にうまく回されるなかで、主導権を握られる時間も多かったです。失点シーンは崩されたというか、自分たちのミスからの3失点だったんで、もったいなかったなと思います。

 

–最近の試合では複数失点が続いています。失点は守備陣だけの責任ではないですが、どのように受けて止めていますか。

スキじゃないですけど、細かいところというか、「これは防げなかったな」という失点はないと思います。そういう面では、自分たちがトレーニングからしっかりやる。それをチームとしても個人としても積み上げて行くしかないと思います。あとはサッカーのインテリジェンス的なところ。頭の回転の部分ももうちょっと上げていかないと、頑張るだけではダメかなとは思います。

 

–2得点目につながるキックも含めて、小柳選手のキックの精度が高かったと思います。

もともと秋田に来るまではああいう風に展開したり、そういうサッカーをしていたので、普通です。

 

–相手のサイドチェンジに対してどんなことを考えながらプレーしていましたか。

(残り 848文字/全文: 1452文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ