秋田サッカーレポート

【J2第7節】ブラウブリッツ秋田 vs いわきFC 河野貴志選手 試合後コメント「気持ちでも負けてなかったことが無失点につながった。全員で体を張って守り切れた」

 

 

秋田vsいわき Jリーグ公式サイト試合情報

https://www.jleague.jp/match/j2/2024/033011/live

 

–90分を振り返って。

前半はかなり主導権を握りながら、相手にほぼシュートを打たせない状況を作れたこと、早い時間帯に先制できたことはすごくよかったと思います。それで点を取ったから引くんじゃなく「2点目、3点目を取りにいこう」というのは、今年は常に言っていることです。点は取れませんでしたけど、いい形も何回かあったので、もうちょっとその回数を増やしていけたらなと思います。

 

–先制点について。

僕はファーで勝負することが得意です。諸岡(裕人)は良いボールを蹴ることができる選手です。ファーで待ち構えていたら良いボールが来るなと、信じて入り込んだ結果がああいうゴールに結びついたかなと思います。

 

–ホームでは2試合連続ゴールです。サポーターに届けられたことは嬉しいでしょうか。

もちろん嬉しいです。ホーム3戦連続無失点はすごくプラス材料です。勝ちながら修正するのが一番良いことだと思うので、継続してやっていきたいです。

 

–今日は序盤から前に出て行きました。前節・清水戦を意識したでしょうか。

(残り 2009文字/全文: 2597文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ