秋田サッカーレポート

【J2第42節】ブラウブリッツ秋田 vs 徳島ヴォルティス 小柳達司選手 試合後コメント「チームとして同じ形でやられすぎている。全員で改善していかなければ」

 

 

 

※掲載写真は過去に撮影したものです。

 

秋田vs徳島 Jリーグ公式サイト試合情報

https://www.jleague.jp/match/j2/2023/111202/live/

 

–90分を振り返って。

守備のプレッシングもよかったと思います。攻撃もゴール前まで行ってチャンスを作れていましたが、そこを仕留める部分は1年間通して改善されませんでした。悪くない試合でしたけど、勝てないというのも1年間通して変わらなかったです。

 

–特に前半は相手の背後を狙いつつ、手前のスペースを使う形が今季一番出せていたと思います。

ウチが背後を狙うことを、相手は最初に頭に入っているぶん、スペースはあります。相手が緩かったので、下でパスをつなげていく部分に関してはよかったと思います。もうちょっと崩す形を共有できれば、ゴール前に人が多くいたりという形が出てくるのかなと思っています。

 

–小柳選手は球際の守備で強みを見せていました。

ゴールを背負っているぶん、自分がやられたら失点します。そこは最後の砦じゃないですけど、今日だったら自分と(河野)貴志がやられたら失点すると思っているので。

やられないのは大前提で、プラスαで何ができるかというのを自分は掲げています。とはいえ、やられないで良かったというか、今季最後の試合でしたけど、そこは自分がサッカー選手であるうちはやっていきたいと思います。

 

–昨季よりも決定機が増えたシーズンだったと思います。その理由について。

(残り 1242文字/全文: 1950文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ