秋田サッカーレポート

【J2第21節】ブラウブリッツ秋田 vs 大宮アルディージャ 武颯選手試合後コメント「ゴール前の攻防、際のところをもっと突き詰めていきたい」

 

 

秋田vs大宮 Jリーグ公式サイト試合情報

https://www.jleague.jp/match/j2/2022/061202/live/#live/

 

–試合を振り返って

自分たちのペースは握れたと思いますし、自分自身もシュートを何回か打ったんで。あとはあれを決め切らないとこうやって負け試合になると思いました。

 

–得点はできていないが、前節、今節と決定的なシュートを打っている。コンディションは上がっているか

コンディションが上がってるのもありますし、チームが全体として前に行くベクトルの強さがいいというのもありますし、僕を見てくれる選手も多くなってきたので。あとは本当に自分自身がそこを決めるだけかなと思います。

 

–前半は風下でも決定機を作ることができていたが

風を受けた攻撃でしたけど、自分たちがプレッシャーを掛けてそんなに蹴らせなかったりだとか、あとは風を感じてプレスバックを早くしたりだとか、そういったところを前半からできたかなと思います。

逆に後半は自分たちの前に突き進むサッカーで良いところが出たのかなと思いますし、前後半ともに良かったプレーは多かったと思うので。最後のセットプレーで守り切るだったり、自分が決め切るところ。

今日は正直自分のせいで負けたと思っているので、そこをしっかり反省しながら次の試合に向けて準備していきたいなと思います。

 

–ここ最近の試合では齋藤恵太選手との連係がより向上しているように見えるが

(残り 995文字/全文: 1641文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ